一般事業主行動計画(女性活躍推進法) 

平成28年10月1日

より多くの女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

①計画期間:平成28年10月1日~平成31年9月30日

②当社の課題

1.女性の応募が一般職のみで、技能職への応募がない。
2.一般職においては女性の採用が行われているが、女性の技能職の採用が遅れている。
3.配偶者の都合によって退職せざるを得ない等、定着化への課題がある。

③目標と取組内容・実施期間

目標1:女性技能職の配置を5%以上にする。
<取組内容>
平成28年10月~女性技能職の採用を行うため、会社案内(ホームページ等)の検討、見直しを行う。
平成28年10月~女性技能職を採用配置するうえでの課題について、現在の技能職に対する聞き取りを実施し、改善策について検討する。
平成29年 9月~新規学卒者のうち、技能職をめざす女性に対する積極的な情報発信を行う。
平成30年 4月~女性技能職の新規採用を1名以上行う。
 
目標2:女性管理職の配置を10%以上とする。
<取組内容>
平成29年 2月~女性が積極的に社内で活躍できるように、女性職員の視点による業務を見つけていく。
平成29年 3月~女性職員に対する意見聴取を行い、管理職になった場合に、仕事と家庭生活の均衡を保つための課題を整理する(定着も含め)
 
女性の活躍の現状に関する情報公表 平成28年9月現在
1. 管理職に占める女性労働者の割合:0.0%

2. 採用した労働者に占める女性労働者の割合:40.0%

3. 労働者(全社員)の一月あたりの平均残業時間:11.2時間